朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

上州日和 バックナンバー

防災への備え[7月13日号]

 地球温暖化が原因の一つとされる異常気象や自然災害を伝えるニュースが後を絶たない。先月17日には県南部を震源とする地震が発生した。本県を震源地とする震度5以上の地震は1923年からの観測史上初めてとのこと。先月29日には気象庁が関東甲信地方の梅雨明けを発表。平年に比べ22日、昨年より7日早く、関東甲信地方の6月中の梅雨明けは51年の統計開始以来初めてのようだ。

 そして今月、西日本を中心に降り続いた記録的な豪雨は想像を絶する被害をもたらした。11日までに死者は160人を超え、大雨による被害では平成に入ってから最悪という。数日前、県内各地でも大雨洪水警報が出るなど、水害はいつどこで起こっても不思議ではない。

 東日本大震災直後は防災グッズを常備していたが、7年経った今は水や薬、食品などは古くなり全て廃棄してしまった。とはいえ、防災グッズがあるからといって非常時に冷静な行動ができる訳ではない。

 今、犬と暮らしているが少しの揺れや雷の音にも怯えてしまう。パニックにならずペットと安全に避難するため、事前に準備するものや災害時の行動、家族間の連絡方法などの確認を改めて徹底しなければと痛感した。

 備えあれば憂いなし。西日本の災害を教訓に、まずは住んでいる地域のハザードマップをチェックするなど、今自分に出来ることを一つ一つやっていきたいと思う。(森作理恵)

●過去のバックナンバー

      平成30年6月
平成30年5月 平成30年4月 平成30年3月 平成30年2月
平成30年1月 平成29年21月 平成29年11月 平成29年10月
平成29年9月 平成29年8月 平成29年7月 平成29年6月
平成29年5月 平成29年4月 平成29年3月 平成29年2月
平成29年1月 平成28年12月 平成28年11月 平成28年10月
平成28年9月 平成28年8月 平成28年7月 平成28年6月
平成28年5月 平成28年4月 平成28年3月 平成28年2月
平成28年1月 平成27年12月 平成27年11月 平成27年10月
平成27年9月 平成27年8月 平成27年7月 平成27年6月
平成27年5月 平成27年4月 平成27年3月 平成27年2月
平成27年1月 平成26年12月 平成26年11月 平成26年10月
平成26年9月 平成26年8月 平成26年7月 平成26年6月
平成26年5月 平成26年4月 平成26年3月 平成26年2月
平成26年1月 平成25年12月 平成25年11月 平成25年10月
平成25年9月 平成25年8月 平成25年7月 平成25年6月
平成25年5月 平成25年4月 平成25年3月 平成25年2月
平成25年1月 平成24年12月 平成24年11月 平成24年10月
平成24年9月 平成24年8月 平成24年7月 平成24年6月
平成24年5月 平成24年4月 平成24年3月 平成24年2月
平成23年1月 平成23年12月 平成23年11月 平成23年10月
平成23年9月 平成23年8月 平成23年7月 平成23年6月
平成23年5月 平成23年4月 平成23年3月 平成23年2月
平成23年1月 平成22年12月 平成22年11月 平成22年10月
平成22年9月 平成22年8月 平成22年7月 平成22年6月
平成22年5月 平成22年4月 平成22年3月 平成22年2月
平成22年1月 平成21年12月 平成21年11月 平成21年10月
平成21年9月 平成21年8月 平成21年7月 平成21年6月
平成21年5月 平成21年4月 平成21年3月 平成21年2月
平成21年1月 平成20年12月 平成20年11月 平成20年10月
平成20年9月 平成20年8月 平成20年7月 平成20年6月
平成20年5月 平成20年4月 平成20年3月 平成20年2月
平成20年1月 平成19年12月 平成19年11月 平成19年10月
平成19年9月 平成19年8月 平成19年7月 平成19年6月
平成19年5月 平成19年4月 平成19年3月 平成19年2月
平成19年1月 平成18年12月 平成18年11月 平成18年10月
平成18年9月 平成18年8月 平成18年7月 平成18年6月
平成18年5月 平成18年4月 平成18年3月 平成18年2月
平成18年1月 平成17年12月 平成17年11月 平成17年10月
朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。