朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

総局長日記 バックナンバー

碑が教えるもの[9月15日号]

 6年半前の東日本大震災の後、取材やボランティア、若手記者の研修同行など、様々な機会で東北を訪れました。三陸沿岸の複数の街で、「朝日新聞といえば」と存在を教えてもらったのが石碑です。

 「大地震の後は津波に注意」「ここから下に家を建てるな」などと教訓が彫り込まれた碑。1933年(昭和8年)の三陸大津波の後、朝日新聞社が全国からの義援金を各町村に渡した残りで建てたと記述されます。岩手県沿岸に津波の記念碑は200基以上あり、「教訓型」の多くがこの事業でつくられたそうです。

 県が翌年まとめた震災誌によると、碑が立つ場所は浸水置を示し、文案は地震学者が草案。大槌町の保存資料では、4文案が町に示され、地域事情に応じて選ぶかたちだったといいます。

 石碑の教えを守り命や財産が助かった集落もあれば、碑より低い場所に家が立ち並び大きな被害を受けた地域もあります。2011年以降、市内の碑を実態調査した陸前高田市教委は昨年、現存する19基を市文化財に指定しました。

 死者592人、浸水7万戸、家屋倒半壊2万2千戸近く。戦後まもない1947年9月に日本を襲ったカスリーン台風による群馬県内の被害です。死者数も家屋被害も、関東一円の被害のうち半分以上を占めます。その甚大さに70年前とはいえ胸が痛みます。

 当時「山津波」に襲われた赤城山麓の地域に立つ観音像を過日訪れました。石碑からわずかに読み取れるのは「水難」の文字のみ。生花が供えられていたのが救いでした。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

蚕糸と男女別学[9月8日号]

 初夏に映画「紅(あか)い襷(たすき)~富岡製糸場物語~」の前売り券を買いました。試写会に行こうと入手したのですが、都合がつかず断念。待ちかねていた一般公開が、全国に先駆けて10月7日から前橋と高崎で始まります。

 「紅い襷」は優れた工女のしるしだといいます。主人公のモデル横田(和田)英は、明治初期に富岡製糸場で修練した女性。回想録「富岡日記」で知られます。「一等工女」となり、長野・松代に戻って民間初の仏式器械製糸場で技術指導をしました。先進的なキャリアウーマンです。

 こうした蚕糸産業での女性の活躍が、群馬に多い「公立高校の男女別学」に結びついているという説を、今月5日の朝日新聞で読みました。リーダー育成も期待され、早くに高等女学校を設立。伝統が築かれ根付き、戦後の教育改革を経ても残った、と書かれます。

 関西出身の私にとって、男女別学は私立のイメージ。公立で性別による入学制限があることに驚きました。群馬、栃木、埼玉に特異的に残っていることは、北関東に赴任して知りました。

 とは言っても、わが母校の県立高でも2年から文理別をとったため、文系に女子組、理系に男子組ができました。女子組だった1年間も楽しかった。一方、今も続く男女問わない級友や部活の仲間との交遊や学びもかけがえないものです。群馬県は、少子化に伴う再編統合の中で、男女共学を次第に進める方針です。積極的にデータを集め、是非を激論しては? と考えるのは、私だけでしょうか。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

●過去のバックナンバー

      平成29年8月
平成29年7月 平成29年6月 平成29年5月 平成29年4月
平成29年3月 平成29年2月 平成29年1月 平成28年12月
平成28年11月 平成28年10月 平成28年9月 平成28年8月
平成28年7月 平成28年6月 平成28年5月 平成28年4月
平成28年3月 平成28年2月 平成28年1月 平成27年12月
平成27年11月 平成27年10月 平成27年9月 平成27年8月
平成27年7月 平成27年6月 平成27年5月 平成27年4月
平成27年3月 平成27年2月 平成27年1月 平成26年12月
平成26年11月 平成26年10月 平成26年9月 平成26年8月
平成26年7月 平成26年6月 平成26年5月 平成26年4月
平成26年3月 平成26年2月 平成26年1月 平成25年12月
平成25年11月 平成25年10月 平成25年9月 平成25年8月
平成25年7月 平成25年6月 平成25年5月 平成25年4月
平成25年3月 平成25年2月 平成25年1月 平成24年12月
平成24年11月 平成24年10月 平成24年9月 平成24年8月
平成24年7月 平成24年6月 平成24年5月 平成24年4月
朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。