朝日ぐんまって?
朝日フォトコン
コラム 
総局長日記バックナンバー
被災地の孤独[3月17日号]

 6年前の3・11。私は当時、若手記者の教育担当でした。翌日から古巣の編集局に戻りました。各地から送られてくる情報や記事を社内でまとめる業務に1カ月ほどあたった後、被災地へ。初めて取材に入ったのは、福島・浜通りでした。
 東京電力福島第一原発は、震災翌日から1機また1機と爆発や火災を起こし、地元住民の避難は混乱を極めました。訪れたのは、原発から20〜30キロ圏内など。主に「屋内退避指示」や「自主避難要請」を国から出された地域です。
 取材する私たちも屋外に長時間いないよう気を配り、積算線量を毎日報告する社内規則でした。流通は滞り、県外からの救援ボランティアはまばら。見つけた医療者は、被爆地長崎から来た医師と看護師で、自衛隊車両を使って高齢者宅などを往診していました。
 同行させてもらいました。高齢男性が診てもらう間、妻は問わず語りに事故後の状況を話してくれました。病院勤めの娘と3人暮らしで避難できない。けれどその娘は職場にほぼ泊まり込み。被曝を避けろと言われて散歩できず、夫は足腰が弱くなった。ご近所も避難して街に人影がない。気が滅入り、血圧も高くなった——。涙を流す女性の手を握るしかありませんでした。
 前橋地裁で17日、福島からの避難者が東電と国を相手取った集団訴訟の判決があります。群馬訴訟の原告は137人ですが、全国で同様の訴訟があり、約1万2千人が参加しています。自分が住民だったならどうしたか。想像力を持って注視したいと思います。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

 

未来に花束を[3月10日号]

 国際女性デーの8日、朝日新聞紙面のあちこちに「Dear Girls」と黄色で彩られた記事が花のようにちりばめられました。「性別にとらわれず、なりたい自分になれる社会」を目指そうと今年初めて取り組みました。
 昨秋発表された「男女格差指数」で日本は144カ国中111位(世界経済フォーラム調べ)。雇用や収入、健康、教育、政治参画などの格差を数値化したものです。5年前は98位でしたが年々下落。過去最低記録に色めき立った弊社の女性記者たちが発案した紙面です。
 読者参加型特集「女子力って何?」に続き、夕刊や朝日新聞デジタルの特集ページで連続インタビューを掲載。俳優の山口智子さんや黒柳徹子さん、テニス選手の伊達公子さん、モデルのぺこさんらが自らを振り返り、女性たちにメッセージを送りました。
 感想や反応をツイッターなどで追うと、多くの女性が普段感じる「もやもや」を表現しています。例えば「家事育児は女性の役割」といった固定観念への違和感です。「恋ダンス」が流行したTBSドラマ「逃げ恥」で新垣結衣さん演じる主人公が「愛情の搾取に断固反対」とプロポーズに待ったをかけた行動とも相通じます。
 想起するのは、シネマテーク高崎で観た映画「未来を花束にして」(サラ・ガヴロン監督)です。英国の女性参政権運動を描く作品ですが、主人公は洗濯工場で幼い頃から働く21歳の女性。高名な活動家でなく、彼女のような市井の人が気づき、行動することで世の中が変わります。私たちも花束を受け取って、一歩を踏み出したい。そう感じる一日となりました。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)


過去のバックナンバー

  平成29年2月 平成29年1月 平成28年12月
平成28年11月 平成28年10月 平成28年9月 平成28年8月
平成28年7月 平成28年6月 平成28年5月 平成28年4月
平成28年3月 平成28年2月 平成28年1月 平成27年12月
平成27年11月 平成27年10月 平成27年9月 平成27年8月
平成27年7月 平成27年6月 平成27年5月 平成27年4月
平成27年3月 平成27年2月 平成27年1月 平成26年12月
平成26年11月 平成26年10月 平成26年9月 平成26年8月
平成26年7月 平成26年6月 平成26年5月 平成26年4月
平成26年3月 平成26年2月 平成26年1月 平成25年12月
平成25年11月 平成25年10月 平成25年9月 平成25年8月
平成25年7月 平成25年6月 平成25年5月 平成25年4月
平成25年3月 平成25年2月 平成25年1月 平成24年12月
平成24年11月 平成24年10月 平成24年9月 平成24年8月
平成24年7月 平成24年6月 平成24年5月 平成24年4月