朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

総局長日記 バックナンバー

根拠[10月25日号]

 試験貯水が始まって1週間がたったころ、長野原町の八ツ場(やんば)ダムに行ってきました。私の車に搭載されているカーナビはデータが古いので、ダム近くになると実際の道と情報が合わず、うろうろしてしまいました。地図を持っていかなかったのが失敗でした。道の駅に地図があって助かりました。

 ダムを間近に見られる展望台は、平日でも多くの人でにぎわっていました。今後は、観光にひと役買ってくれるのかもしれません。順番を待って八ツ場ダムの全景を眺めました。そのときはまだ水は少なく、旧JR吾妻線の橋も姿を残していました。

 かつて500世帯が暮らした土地が水底へと沈むのです。朝日新聞の取材に、地元の方々は複雑な思いを語ってくれました。90歳の女性は「寂しいね、人生を振り返るものがなくなっちゃう」。79歳の男性は「だんだん水につかるのを見るのも嫌だな」と。

 私がダムを訪れた数日後、台風19号が群馬に大雨をもたらしました。八ツ場ダムは3~4カ月かけて満水位までためる予定でしたが、あっという間に満水となりました。

 台風接近の際、八ツ場ダムが治水効果をあげたと話す政治家がいます。一方、たまたま容量に余裕があっただけで、様々な条件や手段の検証が必要だと指摘する専門家もいます。防災を考えるとき、都合の良いように考えず、根拠を持って慎重に判断することが大切だと思います。(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)

台風19号[10月18日号]

 台風19号が、各地に大雨被害をもたらしました。多くの方が亡くなり、行方のわからない方も。関東や東北などの河川では堤防が決壊し、浸水被害も甚大です。3連休明けの段階ではまだ全容把握ができておらず、さらに被害が拡大する可能性もあります。

 群馬県も大きな被害がありました。富岡市と藤岡市で土砂崩れがあり、4人の命が奪われました。心よりお悔やみ申し上げます。お住まいが全半壊したり、浸水したりした被災者の方も多数いらっしゃいます。嬬恋村のホテルでは一時、宿泊客と従業員の計約70人が取り残されました。道路の寸断、停電、断水……。

 「40年近く住んでいて、こんなの初めて」「まさか断水するとは」「怖かった」。群馬で被災された方々の声です。大変なときにもかかわらず、取材に応じていただき、本当にありがとうございました。いつ、どこで、どんなことが起きたのかを早く正確に把握し、それを共有することは、とても大切なことだと考えています。繰り返さないために。未然に防ぐために。きちんと検証することも不可欠だからです。

 自然災害の際、「経験したことなのない」「想定外」「記録的」といった文字を目にすることが増えました。決しておおげさな表現ではなく、実際、被害は甚だしい。備えすぎということはないのだと思います。

 台風19号が去ってからも、次々と被害の状況が報道されています。「予測されて色々言われていたことから比べると、まずまずで収まったという感じだ」。とても、そんな感じにはなれません。(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)

お金のはなし[10月11日号]

 「5320億円」。70年近い歳月をかけ、長野原町に完成する八ツ場ダムを造るのにかけた費用です。国内のダムでは最高額。今月1日に吾妻川の流れを止め、試験貯水が始まりました。数カ月かけて、500世帯近くが暮らした場所が水に沈みます。ゆかりの方々にとって、国民にとって、意義のあるものとなってほしいです。

 「3億2千万円」。これは関西電力の役員らが、高浜原発のある福井県高浜町の元助役(故人)から、2018年までの7年間に受け取った金品の額。元助役には原発工事の関連会社から資金が流れていたそうです。原発マネーをめぐる異常なやりとり。現金以外にも、金貨だとか、1着50万円相当のスーツ仕立て券だとか。安っぽいドラマのような現実です。このお金は、電気料金に含まれていますか?

 「マイナス12円」。電子マネーを使って、コンビニエンスストアでサンドイッチなどを買ったとき、「キャッシュレス還元額」としてレシートに記されていました。キャッシュレス決済へのポイント還元です。消費税が10%に上がりました。食品などは8%のままなので、増税前より安くなる計算です。

 そもそも消費増税って? 朝日新聞の過去記事を確認すると、膨らんだ借金減らしと社会保障の充実が大きな目的でした。でもその後、一部を幼児教育無償化などにも充てることで借金減らしの分は半減。「ツケ」が次の世代に回されるのかと思うと、マイナス12円のレシートが、重い。税金や公共料金。どう使われているのか、きちんとチェックしなければ。(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)

●過去のバックナンバー

    令和元年9月 令和元年8月
令和元年7月 令和元年6月 令和元年5月 平成31年4月
平成31年3月 平成31年2月 平成31年1月 平成30年12月
平成30年11月 平成30年10月 平成30年9月 平成30年8月
平成30年7月 平成30年6月 平成30年5月 平成30年4月
平成30年3月 平成30年2月 平成30年1月 平成29年12月
平成29年11月 平成29年10月 平成29年9月 平成29年8月
平成29年7月 平成29年6月 平成29年5月 平成29年4月
平成29年3月 平成29年2月 平成29年1月 平成28年12月
平成28年11月 平成28年10月 平成28年9月 平成28年8月
平成28年7月 平成28年6月 平成28年5月 平成28年4月
平成28年3月 平成28年2月 平成28年1月 平成27年12月
平成27年11月 平成27年10月 平成27年9月 平成27年8月
平成27年7月 平成27年6月 平成27年5月 平成27年4月
平成27年3月 平成27年2月 平成27年1月 平成26年12月
平成26年11月 平成26年10月 平成26年9月 平成26年8月
平成26年7月 平成26年6月 平成26年5月 平成26年4月
平成26年3月 平成26年2月 平成26年1月 平成25年12月
平成25年11月 平成25年10月 平成25年9月 平成25年8月
平成25年7月 平成25年6月 平成25年5月 平成25年4月
平成25年3月 平成25年2月 平成25年1月 平成24年12月
平成24年11月 平成24年10月 平成24年9月 平成24年8月
平成24年7月 平成24年6月 平成24年5月 平成24年4月
朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。