朝日ぐんまって?
朝日フォトコン
コラム 
総局長日記バックナンバー
知久平さんと街[4月21日号]

 大谷(おおや)石の産地・宇都宮市大谷地区に、採石場跡があります。地下に広がる巨大な空間。ライトアップで幻想的に仕立てられ、イベントや撮影スタジオにも使われます。2年前に見学し、中島飛行機の工場跡でもあったと知りました。
 戦闘機「疾風(はやて)」を生産した宇都宮製作所が1945年、空襲を逃れて疎開。戦後の米国調査によると、地区にあった地下工場は計5・8ヘクタール、9千人が働いたといいます。
 中島飛行機を一代で成した中島知久平(ちくへい)は17年(大正6年)、33歳で尾島町に飛行機研究所をつくりました。2年後に中島式飛行機を成功させ、軍に納入。軍人から実業家、政治家へ。宰相も視野に入る有力者になり、戦後一時は戦犯容疑までかけられます。
 そんな重い印象をぬぐってくれたのが、今月2日に太田市のスバル本工場であった講演です。創業百年を機に、富士重工業から社名を変えた記念の式典にあわせ、近現代史が専門の手島仁さんが話しました。
 当時の飛行機製造の水準に危機感を抱き「お役所仕事では非効率」と起業。製作所で暮らし、恩人への感謝を忘れない。「政治は政策が命」と私財で民間研究機関も設立。内陸型重工業都市の礎となった歴史とともに、熱い思い、魅力的な人柄を学びました。
 戦後社会で知久平が評価されなかったのは、戦後政治の転換や自己宣伝嫌いなこと、政敵らの自己保身によると、手島さんは説きます。帰途に市内押切町の「旧中島家住宅」を訪れると案内する職員が施主を「知久平さん」と呼びます。街の和菓子店でもスバルの工場でも。街中で思いがつながるようで、うれしくなりました。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

 

「物語の始まり」に[4月14日号]

 気が付くと3階建てビルの屋上でした。それも塀の上。平均台のような細い幅の上に立ち、眼下は行き交う車。背後から「降りて」と声がする。振り向くと介護職らしい男女2人。「大丈夫、大丈夫」「はい、足を出して」。立ちすくむ私に、声ばかりが渦巻きます。
 3月中旬に高崎で、群馬県介護福祉士会の研修に参加しました。バーチャル・リアリティー(VR)による認知症体験です。スマホ付きのゴーグル型器具とヘッドホンを装着すると、映像が目に入り、音声が流れます。右を向けばその方向の風景が見える仕掛け。映像がつくる物語の中に、自分が入り込みます。
 冒頭の物語は、物体の位置や向きがわからなくなる障害を再現したものです。サービス付き高齢者住宅を首都圏で展開するシルバーウッド(本社・千葉県)の代表取締役、下河原忠道さんが、入居する認知症の方に聞いた話をもとにつくりました。送迎バスからなかなか降りられない。尋ねると「3階から突き落とされる」と訴えたそうです。
 「僕たちは皆、風邪になった経験があるから、その辛さがわかる。認知症でもその体験を」と、ゲームなどで使われるVRを思いついたといいます。開発費は持ち出し。一般市民向けには無料で開き、計3千人以上の人に疑似体験を提供しました。
 電車でふと気づくと、自分がどこにいるのか分からない。周りの乗客は無関心。助けて!と心の中で叫んでいるところに、「どうしましたか?」「何かお手伝いしますか?」と優しい声。このホッとした気持ちをVR体験する人がもっと増えれば、認知症の人たちも暮らしやすい社会になるのでは。そう感じます。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)


過去のバックナンバー

平成29年3月 平成29年2月 平成29年1月 平成28年12月
平成28年11月 平成28年10月 平成28年9月 平成28年8月
平成28年7月 平成28年6月 平成28年5月 平成28年4月
平成28年3月 平成28年2月 平成28年1月 平成27年12月
平成27年11月 平成27年10月 平成27年9月 平成27年8月
平成27年7月 平成27年6月 平成27年5月 平成27年4月
平成27年3月 平成27年2月 平成27年1月 平成26年12月
平成26年11月 平成26年10月 平成26年9月 平成26年8月
平成26年7月 平成26年6月 平成26年5月 平成26年4月
平成26年3月 平成26年2月 平成26年1月 平成25年12月
平成25年11月 平成25年10月 平成25年9月 平成25年8月
平成25年7月 平成25年6月 平成25年5月 平成25年4月
平成25年3月 平成25年2月 平成25年1月 平成24年12月
平成24年11月 平成24年10月 平成24年9月 平成24年8月
平成24年7月 平成24年6月 平成24年5月 平成24年4月