朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

食中毒に学ぶ[9月22日号]

 胸を痛めた方も多いはずです。前橋市内の総菜店で買った炒め物を食べた3歳の女の子が9月に亡くなりました。同じ店や系列店の総菜を食べた人たちが群馬のほか埼玉でも発症し、一時重体になった子もいました。

 原因菌はO157。毒素を出す病原性大腸菌の一つで、もとは牛の腸などにいます。日本でこの名が大々的に報じられたのは、1996年。大阪府堺市の小学生や家族、教職員ら9千人以上が発症し、児童3人が亡くなりました。

 原因は学校給食でした。自校調理なのに47校で同時期に発生したことから、仕入れた食材が汚染されていたと推定されました。国がのりだし調べましたが、今も確かな感染経路は分かりません。

 さらに痛ましいのは、この時発症して腎臓を悪くした元児童が2015年に後遺症で亡くなったことです。25歳。意識不明の女性を夫が見つけたといいます。

 発生当時、大阪の社会部記者だった私は、堺市に通って取材しました。それから約20年、病を治療しながら、他の元児童も心の傷を抱えながら、人生を重ねていたことに、想像が及んでいなかった自らを恥ずかしく思います。

 その後も肉だけでなく、漬物、キュウリ、冷凍メンチカツなど様々な食材・食品を介した感染は続きました。昨年だけでも病原性大腸菌による国内の犠牲者は10人に及びます。大規模な発生の度に少しずつ、国や自治体による規制は強まります。けれど同時に消費者である私たちが、もっと主体的に学び取り組めることがあるはずです。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

親と片付け[9月22日号]

 東京に住む両親は、年を重ねても整然とした生活を送っていると思い込んでいた。部屋には花を活けたり、お正月には手作りのおせち料理が並び、宿泊の際は洗い立てのシーツを用意してくれた。

 ところが先日実家に帰った際、夕飯の煮物に異変を感じた。「これ、変な味がする」と吐き出したら、「そう?大丈夫よ。嫌だったらやめとけば」と2人とも平然と食べている。群馬では、会社近くの総菜店などでO157が猛威を振い、死者が出たというのに。手料理はいいが腐ったものは論外だ。

 誰も具合が悪くなった訳ではないが、80歳を過ぎた両親の生活の質や体力を補うサポートをしなければと日を置かずに再訪。まずは消毒用アルコールを購入し、食料などを取り出し念入りに拭いた。次は床下収納庫。中には7年前の醤油やみりんもあった。食品庫も同様。賞味期限切れの小麦粉やそうめんであふれかえっていた。食品はゴミ袋へ、得体の知れない液体はシンクへ。まだ、足腰の達者な母親がサッサカ分別してくれたので作業は2時間ほどで完了。以前に比べ格段に衛生的で気持ちがスッキリした。

 キッチンの片付けは、食中毒に対する不安を軽減した以上に、作業中のたわいもない話から両親が今、本当に困っていることが透けて見えてきた。来てよかった。次の来訪時には、不要なモノで詰まった納戸掃除に親と一緒に取り組む予定だ。(谷 桂)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。