朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

平和[8月16日号]

 1945年の8月5日、前橋の市街地が焼け野原となりました。前橋空襲です。「ズシン、ズシンという防空壕の中まで衝撃音が響き、怖かった」。当時10歳だった前橋市の女性(84)は、74年前をそう語ります。「どんなことがあっても平和は守りたい」とも。

 同じ年の8月6日、広島に原爆が落とされ、その3日後の8月9日、長崎にも投下されました。そして、8月15日に終戦。8月は平和を考えるために忘れてはいけない日が続きます。

 残念ですが、戦争を体験した人たちは少なくなっていきます。戦争を知らない私たちに何ができるのでしょうか。やはり、「記憶」を少しでも多く残し、受け継ぎ、広く伝えることが大切だと思います。

 先日、朝日新聞読者の方からおしかりを受けました。5日付の群馬版に前橋空襲の記事が載っていなかったからです。「80を過ぎた人間はいなくなるんだよ」。電話でそうおっしゃられたと聞いています。

 前橋空襲については、当日の慰霊祭などを取材し、6日付紙面で大きく報じています。ただ、貴重な体験談を聞ける時間が短くなる中、「もっともっと平和について考えろ」というご助言でもあったのではないかと感じております。ありがとうございました。

 日本と韓国の関係について、連日ニュースが流れています。「報復」「排除」といった言葉に気分が重くなります。市民の交流イベントが延期される悪影響も出ています。断絶と非難の繰り返しは、何も生み出さないのでは。

 平和に思いをはせる8月なのに、嫌なニュースです。(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

元気なシニアに[8月16日号]

 縁あって迎えた愛犬は、13日に8歳の誕生日を迎えた。人間に換算すると48歳。飼い主とほぼ同年代だ。童顔のため未だに子犬に間違われることも多いが、犬の世界では立派なシニア世代。人間同様、健康面でも色々と問題が出てくる。

 皮膚病にかかったり蜂に刺されたり、病院のお世話になることも増えた。医療費に加え、関節用サプリメントや害虫駆除薬、ワクチン注射、トリミングなど、定期的にお金も手間もかかる。

 普段、留守番が多いので夏休みは毎年、一緒に旅行をするようにしている。子犬の頃は車が苦手だったが、成長するにつれ車移動にも慣れ、道中、快適に過ごせるようになった。

 今年の伊豆旅行は夫婦と犬1匹水入らずで、旅館で寛ぎながら海の幸、景色、温泉を堪能。群馬の酷暑を忘れ、至福の時を過ごすことが出来た。帰路は犬も一緒に参拝できる神祇大社に立ち寄り、家族の健康を祈願。御守を購入する際、お祓いもしてもらった。鈴の音に驚く犬の姿に夫婦で大爆笑。溢れる犬の笑顔に癒され、家族で過ごす時間が何よりの宝物だと改めて感じた。

 犬も人間も同じ命。飼い主の責任は重大で世話も大変だが、愛犬は生活に張り合いと安らぎを与えてくれる大切な存在だ。50歳を前に私自身もあちこち不調が出始めているが、皆で健康で楽しく過ごせるよう毎日の早起きと散歩からやっていきたい。(森作理恵)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。