朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

10日遅れの開幕[7月20日号]

 職務上、催しで挨拶させていただくことがあります。なかでも夏の高校野球は、選手や家族、友人、ファンが並び、テレビ中継もあって、最も緊張します。群馬大会開会式での挨拶は今年で3回目でしたが、やはり同様で、なにより内容に悩みました。

 群馬と同じ今月7日に開幕予定だったのは、全国56大会のうち23大会。前夜、西日本の8府県に大雨特別警報が出て、すでに9大会が延期を決めていました。7日早朝の時点では豪雨被害の情報は断片的で、現場の混乱と重大な事態が推測できました。

 一方、群馬大会は、小雨の中でしたが式典を行えました。その幸運に感謝する気持ちを、挨拶に込めました。後に分かりましたが、被災地はまさにその時間帯にも、土石流や河川の氾濫に襲われていたのです。

 犠牲者数は、17日午後時点で223人。被害の全容はまだ分からず、幹線道路の寸断や断水など、都市機能のマヒも続いています。なかでも被害甚大な広島県で17日、大会が開幕しました。豪雨災害がなければ、群馬と同じ日から熱戦が始まっているはずでした。

 選手宣誓をした安芸南高校の主将は、自宅近くに土砂や濁流が流れ込みました。行方不明の友人を捜して土砂をかきわけ、重い土を運んでからのキャッチボールに、無力感も抱いたといいます。それでも練習を再開し、最後の夏にかける。一回きりのかけがえのない大会だから、乗り越え挑戦すると力強く述べていました。こうした熱い思いで積み重ねられた100回の大会の歴史に、ただ感謝するばかりです。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

73年目の夏[7月20日号]

 先日、「いわさきちひろ生誕100年『Life展』ひろしま 石内都」(今月16日まで)を観に、安曇野ちひろ美術館へ出かけた。「窓ぎわのトットちゃん」で知られる絵本画家と、遺品や身体の傷などを被写体とする作品で世界的に評価されている桐生出身の写真家。一見ミスマッチともいえる2人が、どんなコラボを見せてくれるのか興味があったからだ。

 会場では広島の被爆者たちの遺品を撮影した石内さんの写真と、広島で被爆した子どもたちの作文や詩に添えられたちひろさんの絵が、静かに美しく響きあっていた。

 日を改めて訪れたアーツ前橋。昭和にフォーカスした石内さんや土門拳さんら30作家の写真を紹介する企画展(~9月3日)と収蔵品展(~同18日)が開かれていたが、ここでも戦争を想起させる作品が並んでいた。

 空襲で破壊された銀座や焼け跡の母子を切り取った写真は、戦争の恐ろしさやむなしさを雄弁に物語る。一方、7歳で体験した前橋空襲を語り継ぐ原田恒弘さんを映し出した小泉明郎さん(前橋出身)の「捕われた声」からは、不安と恐怖がヒタヒタと伝わってきた。

 いずれも声高に戦争反対を叫んでいる訳ではないが、故に観る者の心に深く迫ってくる。期せずして出会った作品たちは73年目の夏を意識させると共に、増え続ける広島の遺品やGHQによる原爆被害に関する写真記録の制限、地元の空襲被害など今まで知らなかった多くのことを教えてくれた。(中島美江子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。