朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

是か、非か[7月19日号]

 「表から見るのもいいけど、裏もいいんだよ」。妙義山のことを書いた前回コラムを読んでくださった方が教えてくれました。ありがとうございます。

 物事は見方や考え方で、表現が変わることがあります。表と裏。明と暗。長所と欠点……。ぼんやり思い浮かべていると、ふと、「いい天気」って何だろう。

 一般的には良く晴れた日でしょうか。関東甲信越地方が梅雨入りした6月以降、雨天や曇天が続きました。「洗濯物が乾かなくて困るね」。なんて会話をした方も少なくないのでは。

 前任地の名古屋で昨夏、最高気温が35度以上の猛暑日に連日襲われてクラッとした私。カンカン照りはイヤ。開会中の高校野球が中止になる雨もイヤ。すごしやすい日々が続けばいいのに。と、勝手です。

 気象庁によると、今年は冷夏になるかもしれない。7月に入り、関東を中心に日照時間が短くなっているそうです。私にとっては涼しくて「いい天気」。でもテレビで見たニュースで一転しました。

 日照時間が少ないと育たない野菜もあり、価格の高騰が心配されます。これは農家も消費者も困ります。またまた一方で、近所のコインランドリーの混み具合を見て、「もうかっているのかな」とも。

 日常は、是と非だけでは断じきれないことも多いようです。どう考えればいいのか。その答えは持ち合わせていません。ただ、異なる考えや立場の人を拒むよりも、思いをはせる方が良い暮らしになる気がします。とりあえず私は曇天を仰ぎ、身勝手さを恥じておきます。

 21日は参院選と知事選の投開票日です。(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

#KuToo[7月19日号]

 先日、「#KuToo」(クートゥー)に賛同した。ビジネスマナーを理由に、就活や職場でパンプス・ヒール靴着用を義務付ける風潮へ異議を唱える運動だ。「靴」と「苦痛」をかけ、セクハラ被害をSNSで告白する際に用いるキーワード「#MeToo」(ミートゥー)をもじっている。ネット上で署名を募り現在、賛同者は今年2月からの5か月ですでに3万を超えているという(17日現在)。

 これまでも今も、幸いパンプス強制の職場ではなかった。ゾウのような幅広足のせいで合う靴がない自分が、もしも先の細いパンプスを強制されたらと、想像するだけで辛い。

 クートゥーの考えは近ごろ同様に議論される「ジェンダーフリー」の考え方にも通じている。「男らしさ」「女らしさ」のような従来の固定観念に縛られず、自由に選択できる世の中にしようという考え方だ。

 身の回りにも、似たようなケースはたくさん転がっている。先日、読者から「プレゼントの応募に性別を記入する必要があるのか」というメールが届いた。確かに感想の紹介に男女の性差は関係ない。また、中学生の娘は「なんで女子の制服にはリボンがあるの?」と面倒くさそうに身支度をしていた。女子が制服でスラックスを選択できる学校も全国的に増えてきたようだが、まだ一部だ。

 母親同様、足に悩みのある彼女が就活をする頃には、靴を自由に選べることが当たり前の時代となっていることを願う。(上原道子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。