朝日ぐんまって?
朝日フォトコン
コラム 
総局長日記
認知症の人になる[3月24日号]

 気が付くと3階建てビルの屋上でした。それも塀の上。平均台のような細い幅の上に立ち、眼下は行き交う車。背後から「降りて」と声がする。振り向くと介護職らしい男女2人。「大丈夫、大丈夫」「はい、足を出して」。立ちすくむ私に、声ばかりが渦巻きます。
 3月中旬に高崎で、群馬県介護福祉士会の研修に参加しました。バーチャル・リアリティー(VR)による認知症体験です。スマホ付きのゴーグル型器具とヘッドホンを装着すると、映像が目に入り、音声が流れます。右を向けばその方向の風景が見える仕掛け。映像がつくる物語の中に、自分が入り込みます。
 冒頭の物語は、物体の位置や向きがわからなくなる障害を再現したものです。サービス付き高齢者住宅を首都圏で展開するシルバーウッド(本社・千葉県)の代表取締役、下河原忠道さんが、入居する認知症の方に聞いた話をもとにつくりました。送迎バスからなかなか降りられない。尋ねると「3階から突き落とされる」と訴えたそうです。
 「僕たちは皆、風邪になった経験があるから、その辛さがわかる。認知症でもその体験を」と、ゲームなどで使われるVRを思いついたといいます。開発費は持ち出し。一般市民向けには無料で開き、計3千人以上の人に疑似体験を提供しました。
 電車でふと気づくと、自分がどこにいるのか分からない。周りの乗客は無関心。助けて!と心の中で叫んでいるところに、「どうしましたか?」「何かお手伝いしますか?」と優しい声。このホッとした気持ちをVR体験する人がもっと増えれば、認知症の人たちも暮らしやすい社会になるのでは。そう感じます。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら


上州日和
電 話[3月24日号]

 「ねえ、ちょっと聞いてよ」 東京で一人暮らしをする長女から、時々電話が入る。長電話を「またか」と面倒に感じることもある。
 内容は、最近あった出来事や仕事の愚痴など様々。「直属の男性上司が育休を取得して相談できる人がいない」とか、「高校時代の友人が出産してお母さんになっていてビックリ」などなど。でも、本当はもっと迷っていることがありそうだ。
 彼女が今の仕事に就いたのは、まだ就職難だった3年前。美術大学を卒業後、都内の証券会社で働き続ける傍ら、時間を確保して趣味のマンガを細々と描き続けている。当然、生活はカツカツ。そこで、私の両親である祖父母宅の1Kのアパートに家賃交渉をして暮らし始めた。畑違いの仕事や慣れない都会生活。さらには、何者になったらいいのかという葛藤が見え隠れする。
 筆者が就職したのは男女雇均法制定の翌年でバブルの頃だ。結婚を機に東京から群馬に来た自分とは、時代や生活の場も全く違うが、人生の次の一歩を踏み出そうともがく悩みは昔と共通している気がする。
 先の連休に思い立ち、リンゴで大量にジャムを作る。ビンに「byママ」と書いて送ってみた。もし、「着いたよ」と電話があったら、大昔にハイヒールを履いて足が痛くなったことや、告白してフラれた母の苦い体験談と共に、毎日仕事に一生懸命な娘を少しだけほめてあげよう。(谷 桂)

「上州日和」バックナンバーはこちら