朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

ノーベル賞の罠[10月12日号]

 日本人研究者のノーベル賞受賞で、にわかに「がん免疫療法」が注目を集めています。知人の患者支援団体代表からは、自分や家族のがん治療に、本庶佑・京都大特別教授の研究から生まれた新しい薬が使えないかという問い合わせが相次いでいる、と悲鳴が届きました。

 画期的な薬も万能でなく、使える患者は限られます。副作用のリスクもある。これらは丁寧に説明するしかない。けれどほかにも、深刻な問題があります。賞に便乗して、多彩な免疫療法の中でも賞の対象とは別の、効果が確認されていない高額な療法を勧めるクリニックや医師です。

 今月7日付の朝日新聞は、こうした「おまじない」のような保険外の療法にだまされないで欲しいと、大型記事を掲載しました。弱みにつけこむ医療には、反対です。ただ、すがりたくなる患者家族の気持ちは理解できます。

 一昨年から小欄で時折書いているように、実弟がステージ4のがんを患っています。当初の余命宣告は「治療しなければ3カ月、治療しても1年」。主治医から「体が動く今のうちに、身辺整理して実家に戻るのが親孝行じゃないですか」とさらっと言われ、絶望の淵に突き落とされました。

 2年たった今、がんは残っていますが、会社勤めを続けながら休日は趣味のスポーツを楽しんでいます。標準治療と呼ばれる、保険適用の治療です。この間、がん医療に詳しい知人に相談し慰められながら、心の均衡を保ちました。それがなければ、どうなったか。薬の開発と並び、必要な心理的サポートがあると痛感します。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

友人の死[10月12日号]

 来月、数年ぶりに友人たちに会う。高校卒業後、地元群馬を離れて千葉の寮で1年間、浪人生活を送った。再会するのはその時の仲間。10代という多感な時期に、大学進学を目指して寝食を共にした濃密な時間は、17年経った今も色あせない。それぞれの道を進み会う機会は減ったが、掛け替えのない存在だ。

 久しぶりに昔のアルバムを引っ張り出した。大学4年の時、社会人になると忙しくて会えなくなるからと、寮生の半数近い20人ほどが集まり、都内で飲み会を開いたことがあった。みんな酔っ払いながら笑顔で写る写真が懐かしい。その中に一人、この飲み会の翌月に交通事故死した友人がいる。

 群馬県警交通企画課によると、県内の今年の交通事故死者は9月末現在で、前年同期比11人減の40人(速報値)と、1953年の統計開始以来最も少ないが、命が失われていることに変わりはない。一方、人身事故、負傷者数は昨年を上回っている状況だ。担当者は「日没が早くなり、歩行者は反射材の着用、運転手は早めのライト点灯、対向車がいない場合はハイビームに」と呼び掛ける。

 友人は車の運転中の事故で亡くなった。葬儀のことは忘れられない。あの日から今月末で13年。写真に写る友人の笑顔はもう見られない。誰もが交通事故の加害者、被害者になり得る。まずはハンドルを握る自分が「安全運転」を。一人一人が心掛けて事故による悲しみがなくなることを願う。(林哲也)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。