朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

少国民と呼ばれ[1月19日号]

 3・2・1……発射!」。テレビ番組の司会者の先導で、スタジオは歓声と拍手喝采でした。同時多発テロ事件から1年半後。米国に留学していた私は、自宅で開戦を見届けました。米英軍によるイラク空爆が、花火大会のように中継される様子にぞっとしました。

 15年前を思い出したのは、県立土屋文明記念文学館で企画展「子供たちの戦争」を見たからです。戦中から敗戦直後までの少年誌や新聞を展示します。満州事変翌年の1932年に生まれた男性が私物を長年保管し、同館へ寄贈。1人の少年の視線を通して戦時の空気が伝わります。

 「ほしがりません勝つまでは」「私たちも銃後の戦士」。子ども向け新聞の見出しです。41年、「小学生新聞」は「少国民新聞」に、ラジオ「子供の時間」は「少国民の時間」に改題。同年12月、太平洋戦争が始まりました。

 敵を固定化し憎しみを煽り、殉職者を崇める。国のために戦う「愛国者」を称える。当時の弊紙を含む新聞雑誌、ラジオの姿勢は、テロ事件後にみた米国での政府の情報発信とメディアの報道、世論に通じるようにみえます。

 「軍部の言論統制より怖いのは、記者の自主規制と社内検閲」。自らの戦争責任を問い朝日新聞記者を辞めたジャーナリストむのたけじさんは一昨年夏に亡くなるまで、そう語っていました。SNSで誰もが発信できる現代でも、為政者の意向を忖度しない、芯の通ったプロ集団の必要性を痛感します。少国民と呼ばれる子らを再び生まないために。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

育英初制覇[1月19日号]

 今月8日、さいたま市の埼玉スタジアムで行われた第96回全国高校サッカー選手権大会決勝で、2年連続3度目の決勝進出を果たした前橋育英が、流通経大柏(千葉)を1―0で破り、悲願の初優勝を飾った。県勢としても初の選手権制覇で、年明け早々明るいニュースが舞い込んだ。決勝で取材に当たり、スタジアムの大きさや応援スタンドの熱気、歓声に圧倒され、そして何より選手たちの白熱したプレーに釘付けとなった。

 試合はまさに手に汗握る展開。準決勝まで今大会最多の15得点の攻撃力と1失点の堅守で勝ち上がってきた前橋育英。前半はDF5人の布陣で臨む流経の徹底したマークに苦しむ。後半は怒涛の攻撃を見せ、幾度となくゴールに迫るが、わずかに枠をとらえきれず後半アディショナルタイムに。終了間際、その時は訪れた。唯一の2年生レギュラーFW榎本樹選手が右足を振り抜き、決勝点となる待望の1点をもぎ取った。「おっしゃー!」選手同様、思わず私も記者席で声を上げていた。

 昨年の決勝、青森山田戦では0―5で準優勝。屈辱的な大敗からチームは立ち上がった。先日同校で行われた優勝報告会で、校長でもある山田耕介監督は「自分ができることを信じてやり続けていくことが一番大切」と挨拶した。その言葉通り初制覇に向けて取り組み続け、「優勝」の二文字をつかみ取った選手たちや関わったすべての人たちに改めておめでとうと言いたい。(林哲也)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。