朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

権利を行使する[10月20日号]

 玉村町の選挙管理委員会から14日夜、投票用紙の交付ミスがあったと発表がありました。最高裁判所の裁判官をチェックする国民審査の用紙です。海外に住み一時帰国中の女性が、かつて住んでいた町の役場を訪れて衆院選の期日前投票をすませた際、対象ではない国民審査も渡してしまったそうです。

 在外邦人は、申請して在外選挙人名簿に登録されると、国政選挙で郵便投票などができます。海外在住の日本人50人余が国を相手に訴訟し、1998年から認められるようになりました。当初は比例区のみで、再び訴訟。2007年から選挙区にも拡大されました。

 調べると、国民審査についても訴訟が起こされ、東京地裁は11年、在外邦人が投票できないのは憲法に照らして「重大な疑義がある」と言い渡しています。残念ながら改正はまだありませんが、闘いを重ねて権利を獲得していることは、国政選挙の例からも明らかです。

 在外選挙人登録は申請手続きも煩雑で、郵便などでは投票期間も短くなります。登録者は昨年9月現在で各国に計10万人余。急な解散総選挙なのに、登録証を携えて帰国していた、くだんの女性の意識の高さに感動します。

 翻って日本に住む私たちは、入場券を持って投票所に赴くのみ。かつてと異なり、期日前投票も容易になりました。前回14年の衆院選投票率は、過去最低の52・66%。せっかくの権利を大切に行使したいものです。紙面の候補者アンケート、弊社と東大の共同調査(http://t.asahi.com/nx6d)が投票の参考になると幸いです。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

判断力[10月20日号]

 ある日の夕方、車で子どもたちをそろばん塾に送迎中、運転席側ドアの窓ガラスが突然割れ落ち、全身ガラス破片にまみれるという信じられない出来事が起こった。あまりに突然の現象で頭の中は真っ白。少し先の塾まで走行した後、ようやく後部座席の子らの無事が確認できた。

 「なぜ? 飛び石か? そもそも対向車がいたっけ・・・」 少し冷静になってから事故を振り返ると記憶はあいまいだ。結局、原因不明のまま修理に出したが、すぐに現場に戻ることも警察への通報もせず帰宅したことを後悔した。

 事故に「突然」は付き物。緊急時、いかに落ち着いて的確に対処できるかが試された気がした。確かにとっさの判断力は年々鈍ってきている。

 近年、自動運転や運転支援システムなど、自動車の安全面を強化する開発は日進月歩。中には、重大事故発生時にエアバックと連動し発生地点などを自動的に通報するシステムが導入された車種もあるとか。

 こうした機能は、判断力の衰えを補ってくれるありがたいものだ。今回の経験から、事故発生当時の状況を知るためにドライブレコーダーは必須だと実感し、近々取り付ける予定だ。とはいえ、機械に頼るだけではなく、同時に自身もまた鍛えねばならない。判断力回復のトレーニング法をご存知の方は是非ご一報を。(上原道子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。