朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

心に木を植える[12月8日号]

 今秋、わたらせ渓谷鉄道沿いを北上し栃木県日光市を訪れました。山あいの旧足尾町。400年近く操業した足尾銅山の産業遺産群を巡る小旅行です。大煙突がそびえる精錬所、レンガの防火壁、水力発電所の跡……。閉山から40年以上経っても、かつての繁栄がうかがえます。

 同時に目に入るのが、草木に乏しい山々です。農民とともに闘った政治家田中正造の印象から渡良瀬川の下流域での被害イメージが強いのですが、源流近い銅山付近でもまた、伐採や精錬で出た亜硫酸ガスによる煙害や伐採で荒廃しました。洪水を起こし、村も果てました。

 国が緑化事業を本格化させたのは敗戦後。枯れた山はまだ広く、あと百年、二百年かかるといわれます。その緑化運動を、官民が協力して行っています。NPO法人「足尾に緑を育てる会」は、「100万本の木を植えよう」がスローガン。発足から20年余で計20万本以上を植え、参加者は16万人を超えたそうです。

 砂防ダムそばの銅(あかがね)親水公園に、2010年に他界した作家立松和平さんの顕彰碑があります。発足時から同会の顧問。「焦らずゆっくりしつこく続けることが大切」と話していたといいます。それは「木を植えることは、心に木を植えること」だからだと。

 銅山の歴史と森林再生の取り組みを伝える足尾環境学習センターは、今月から冬季休業に入り、再開は4月です。「春にはまた植樹がありますから。ぜひ来て下さい」と、センター運営を市から委託されている同会のメンバー。心を耕し、木を植えたいとひそかに計画しています。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

グンマの魂の結晶[12月8日号]

 群馬県人にとって特別な存在であり続ける「上毛かるた」。今月1日、誕生70年の節目を迎えたがスマホアプリやお菓子に活用されるなど、その人気はとどまるところを知らない。

 先月末、70周年を記念して初めて開かれた「大人の上毛かるた」県大会に弊社も「一般の部」で参戦。チーム名「上林中」は、出場社員3人の苗字(上原、林、中島)の一文字目を組み合わせたものだ。メンバーは30代男性1人、40代女性2人で皆、生粋の群馬県人。男性社員は上毛かるたで卒論を書きあげたツワモノで、もう一人の女性は数年前まで子供と楽しんでいたらしい。筆者が最もブランクがあり、案の定、ダントツに弱かった。

 「出るからには優勝だ」と意気込むも、練習では目の前の札すら取れない。「まさかこれほどダメとは」 愕然としつつも、とにかく足を引っ張らないようにと大会に臨んだ。

 当日、開会式の和やかな雰囲気は試合が始まると一転。44枚の札を巡り熾烈な攻防が繰り広げられた。一枚を取り合い流血の惨事も。なかなかの白熱っぷりに、こちらもタジタジだ。結果は予選リーグ1勝2敗。決勝リーグ進出は叶わなかったが、良い思い出になった。

 群馬のあるあるネタ満載のギャグ漫画「お前はまだグンマを知らない」(井田ヒロト原作)に「グンマの魂の結晶」と描かれているように、上毛かるたの威力を改めて思い知った1日だった。主催者によると来年も開催するらしい。また出場しよう。(中島美江子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。