朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

「のさり」と生きる[2月23日号]

 震災支援へのお礼などのため来県した熊本県の「くまモン」が、サプライズで草津温泉を訪れたそうです。温泉のマスコット「ゆもみちゃん」のツイッターが17日、感激した様子で投稿していました。本白根山噴火の影響が残る草津への温かい応援です。

 その十日ほど前、草津温泉に来た友人一行にも、熊本からの来訪者がいました。老いや病を地域で支えるケアに取り組むNPO代表の竹熊千晶さん。大学教授ですが、当初から研究を志したのでなく、保健師として働いた天草の離島で「のさり」という言葉に出会ったのが、契機だといいます。

 家族に障害や介護が生じた状況を「私の『のさり』だもん」と表現し、何十年も世話する島の人がいる。「分け前」「恵み」を意味する方言は、豊漁など幸運に使われる一方、苦難においても用いられる。「良いことも悪いことも、天からの授かりもの」。不運もまた運命と受け入れることを支える言葉の役割と伝承を、研究で明らかにしました。

 6年前に取材で聞いた話を想起したのは今月10日、作家・石牟礼道子さんの訃報に接したからです。天草に生まれ、不知火(しらぬい)海をはさんで対岸の水俣育ち。代表作「苦海浄土」は、恵みの海が有機水銀で汚染され、漁民たちが病苦に突き落とされる不条理を描きました。「水俣病はのさり」と言う患者、庶民の生き様を「魂が深い」と言い表しました。水俣病の公式確認から今年で62年。今も2千人が患者と認めるよう声を上げ、1500人が裁判を続けています。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

ボウリングデート[2月23日号]

 先日、義父母の厚意に甘え、7カ月の娘を預けて久々に妻と2人で出掛けた。平昌冬季五輪での日本勢のメダルラッシュに触発され、外で体を動かしたくなったのだ。妻は独身時代、年間40回もスノーボードを滑りに行っていた強者。雪山に挑もうかとも思ったが、まだ母乳が必要な娘を長時間預けるわけにもいかないので、短時間で健康的に楽しめる近くのボウリング場に向かった。

 付き合い始めてから所構わず連れ回してきたが、出産、育児で出掛ける機会はめっきり減った。2人だけで車に乗ったのはいつ以来だろう。運転しながら助手席に座る妻を横目で見ると、家から持ってきたグミや、途中で買ったフライドポテトを口いっぱいに頬張っていて思わず笑ってしまった。

 ボウリング場は、想像以上に賑わい、歓声の中に聞こえるピンが倒れる音がどこか懐かしい。学生時代はよくボウリングをしたが、最近はご無沙汰で、妻とプレーするのは初めて。格好いいところを見せたかったが、1ゲーム目は1点差でまさかの敗北。2ゲーム目は勝てたもののスコアは100点ぽっきり。散々な結果だったが、楽しい時間を過ごせた。

 育児が始まると、夫婦の時間はなかなか持てないもの。わずか2時間程度のデートだったが、「生まれ変わっても一緒にいよう」とまでは言わなくても、せめてこの人生では、妻を大切にしようと改めて思った。何気ない1日の積み重ねをこれからも共に。(林哲也)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。