朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

太陽の鐘を抱く[4月20日号]

 「小さい子が大人になった時、『前橋には変な形の鐘がある』と自慢できるような存在になればいい」。前橋出身の糸井重里さんが3月末、広瀬川沿いに設置された「太陽の鐘」の完成記念式で語ったそうです。

 直径1メートルの鐘は炎のような突起物を載せ、目をむき口をとがらせた「顔」が存在感を示します。鐘をつるす高さ7㍍の彫刻は、天に鳴く鳥の頭のような曲線です。

 作者の岡本太郎は、1970年の大阪万博のシンボル「太陽の塔」を制作しました。高さ70メートル。金に輝く平面的な顔を最上部に、ふくれっ面の顔を腹部に抱き、円錐状の突起を左右に広げるヘンテコな姿です。
 万博記念公園に残る塔を、初めて見たのは小学校高学年の遠足時。制服と黄色い帽子姿で集団行動をとる私たちの「日常」に、塔が異物のように突き刺さった感覚を覚えています。

 それが作者の狙い通りと学んだのは、ずいぶん後のこと。「日本人に今もし欠けているものがあるとすれば、ベラボウさだ」「勤勉はもう十分なのだから、ここらで底抜けなおおらかさ、失敗したって面白いじゃないか」(67年8月5日付本紙)。万博の4年前に作られた鐘も、同じ精神が貫かれていたと察します。

 今月、散歩を兼ねて見に行った鐘は、植樹木の合間に埋もれるようでした。万博の塔が、広大な芝生上に立つのとは真逆のデザイン。木々が枝を伸ばし緑が深くなるにつれ、鐘の存在さえかき消されそう。そんな私の印象が杞憂となるよう、愛され活用されることを期待します。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

眠れる森[4月20日号]

 先週末、中之条まで足をのばし、「拝啓、うつり住みまして」展を観てきた。レトロな風情ただよう旧廣盛酒造を会場に、県外から移住してきた6人のアーティストの作品が、30日まで観覧できる。地元の人々の顔をを描いた鉛筆画、古い神社の写真、生活や文化を題材にしたやわらかい雰囲気のイラスト原画などが並び、各人がこの地に抱く敬意や愛着といった想いが伝わってきた。

 私も東京から「うつり住んで」きたのだが、中之条にはちょっとした思い出がある。夫の仕事の都合で高崎への引っ越しが決まったのは1998年の冬。ちょうどその頃、人気タレントの中山美穂さんや木村拓哉さんが出演するドラマ「眠れる森」が放送されていた。一家惨殺事件を軸とする残酷で不穏なストーリーとは裏腹に、作中の「森」は美しく神秘的に描かれ、その映像美に惹きこまれた。記憶の一部を失ったヒロインが帰り着く郷里は「群馬の中之森」という設定で、実際に中之条駅周辺で撮影が行われたと後に知った。

 高崎に住んでもうすぐ19年経つが、中之条は幾度訪れても私にとっては変わらぬ「眠れる森」だ。どの季節も自然は美しく、はじめての風景にも懐かしさを感じリラックスできる。人が穏やかで、ゆったりとした時間が流れているからだろうか。やわらかな新緑と咲き誇る春の花を堪能しつつ、6人の作家が何に惹かれてこの地に移住してきたのか、ほんの少しわかる気がした。(野﨑律子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。