朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

井上房一郎の跡[3月22日号]

 高崎市の群馬の森にある県立近代美術館に初めて入った時、その建築デザインに魅せられました。聞くと、設計は磯崎新さん。建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞受賞が決まった世界的建築家です。地方に美術館ブームが起こったバブル期の建物かと思ったら大間違いで、1962年に設立準備会ができ、74年開館。再び驚きました。

 磯崎さんを推薦したのも美術館構想も、高崎の実業家井上房一郎(1898~1993年)の案だったと知り、うなずきました。当時、群馬に来てまだ半年ほどでしたが、群馬音楽センター建設や群馬交響楽団創設など、芸術活動へのパトロンぶりは耳に入っていました。

 そんな時代の先を行く目利きを体感できる展覧会が今月末まで、高崎市美術館で開催中です。「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」。音楽センター設計者でもあるレーモンドの自邸を模した旧井上邸とあわせ、生活と結びついた美術と哲学を感じ取ることができます。

 展覧のはじまりは、ナチスから逃れ日本に亡命していた建築家ブルーノ・タウトと、高崎に迎え入れた井上の章。そこに井上がデザインしたというテーブルと椅子がありました。1932年ごろの作。タウトと出会う前の井上はわずかながらも創作活動もしており、椅子や机が山積みになっていたといいます。

 今はまだ、井上と直接言葉を交わしたり支援を受けたりした県人や芸術家たちがいます。旧井上邸は市民らの活動などで残されましたが、井上の功績はもっといろんな形で語り継がれるべきではないかと思うのです。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

平成キャラクター[3月22日号]

 今春、県内の大学を卒業し、埼玉の病院に就職が決まった次女。引っ越しを前に先週末、子ども部屋の片付けを手伝うことになった。 すると、平成レトロなものが出るわ出るわ。ピカチューやミッフィー、ディズニーのぬいぐるみに加え、「カードキャプターさくら」「地獄先生ぬ~べ~」「犬夜叉」の漫画本、「アンパンマン」「耳をすませば」のDVDなどが、ほこりの中から出土。どれも色あせていたが、懐かしいキャラクターたちを見たとたん、一気に子どもの幼少期が蘇った。

 小さな手で大事に抱えたり、ある時は放り投げる。友だちに代わり遊んだ後は、ベッドで添い寝した。一番関心があって、うれしい子どもの成長の様々な場面にキャラクターたちがいた。最初は、甘い顔のキャラに、抵抗があった自分も、間もなく声色まで習得した。

 その存在は、子どもに夢を与えてくれただけでなく、親として不安で押しつぶされそうになっていた自分にとっても身近で、家族の一員のようだった。

 平成も残すところ1カ月。改めて振り返ると、筆者の「平成の記憶遺産」第1位は、助っ人キャラクターと平成一桁生まれの娘2人と息子1人の子育てにあがき、奮闘した日々だ。

 今度は、平成の次の時代に登場するキャラクターたちが、娘と新生活を共にするだろう。新たな時代、娘自身もキャラクターのようにパワーを発揮して、患者さんや職場に愛され、明るく過ごしてほしい。(谷 桂)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。